文献の詳細

言語 日本語
著者 岩村雅一, 内田誠一, 大町真一郎, 黄瀬浩一
論文名 情報付加による認識率100%の実現 ―人にも機械にも理解可能な情報伝達のために―
論文誌名 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2005)
ページ pp.901-908
年月 2005年6月
要約 パターン認識の究極の目標は認識率100%の達成であるが, 誤認識が全く起こらない識別器の設計は容易ではない. そこで, 本報告では認識誤りを補うために正解クラスに関する情報(付加情報)をパ ターンとは別に用意し,パターンと付加情報を識別器に同時に与えることで 認識率100%かつリジェクト率0%を達成する方式を提案する. そして,提案する方式で達成可能な認識率やリジェクト率と それに必要な情報量の関係を求める. 実験の結果,印刷されたかな・漢字3036字種ではオープン実験で4ビット, クローズ実験で1ビットの情報の付加で認識率100%かつリジェクト率0\%を達 成できることが示された. また,認識を全く行わずに文字コードの情報をそのまま使用する場合に 比べると, 提案する方式で必要な情報量は約1/12,QRコードの面積換算では約1/9である. 従って,提案する方式は従来のパターン認識のみを用いる場合と 認識を行わずコードのみの場合を折衷する新しい枠組みといえる.
  • 注記
一覧に戻る