日本語 英語

岩村 雅一

このページは見てわかるとおり、作りかけです。

研究費助成(研究代表者が岩村のもののみ)

  研究期間
(実際の研究期間)
助成団体 種別 研究課題名 申請者 金額(千円)
1 2005年度〜2006年度 日本学術振興会 /
文部科学省
科研費 若手研究(B) 文字特徴の高速検索に基づく事前に切り出しを行わない実環境下で有効な文字認識 岩村雅一 3,500
2 2005年度
(2006年度)
マツダ財団 マツダ研究助成 付加情報の利用による認識率100%の実現−誤りのないパターン認識手法の理論と実践− 岩村雅一,黄瀬浩一,大町真一郎,内田誠一 1,000
3 2006年度 科学技術振興機構(JST) 平成18年度 実用化のための可能性試験 情報埋め込みによる歪んだ形状の安定した復元 岩村雅一,黄瀬浩一,大町真一郎,内田誠一 1,000
4 2007年度〜2008年度 日本学術振興会 /
文部科学省
科研費 若手研究(B) 文字特徴の局所的配置に基づく実環境下で有効な高速文字認識技術 岩村雅一 3,300
5 2007年度(2008年) 大川情報通信基金 研究助成 変量と不変量に基づく射影歪みの補正 岩村雅一,黄瀬浩一,大町真一郎,内田誠一 1,000
6 平成20年度
(2009年度〜2010年度)
テレコム先端技術研究支援センター 平成20年度SCAT研究費助成 大規模物体認識のための近似最近傍探索の高速化・高精度化 岩村雅一、黄瀬浩一 2,500
7 2009年度〜2010年度 日本学術振興会 /
文部科学省
科研費 若手研究(B) 情景中の重要な文字情報を実時間で抽出・提示するシステムの試作 岩村雅一 3,400
8 2009年度 科学技術振興機構(JST) 平成21年度 シーズ発掘試験研究 点配置の一意性を利用した実時間カメラベース文字認識の認識率向上と高速化 岩村雅一 2,000
9 2010年度 大阪府立大学 大阪府立大学大学院奨励特別研究費 アイトラッカーを利用したユーザーフレンドリーな情景内単語認識システムの開発 岩村雅一 900
10 2010年度
(2010年度〜2012年度)
栢森情報科学振興財団 研究助成 環境中の実時間日本語文字認識システムの試作 岩村雅一 1,200
11 2011年度〜2012年度 日本学術振興会 /
文部科学省
科研費 挑戦的萌芽研究 パターン認識を目的とした符号化撮像とその最適化 岩村雅一,日浦慎作 2,900
12 2011年度〜2012年度 科学技術振興機構(JST) A-STEP FSステージ 探索タイプ 近似最近傍探索の改良と単語辞書の導入による文字を利用した情報提示システムの利便性向上 岩村雅一 1,700
13 2012年度〜2013年度 科学技術振興機構(JST) A-STEP FSステージ 探索タイプ 計算効率とメモリ効率に優れた類似データ検索手法の実現 岩村雅一 1,700
14 2016年度〜2017年度 KDDI財団 調査研究助成 最近傍部分空間探索の高速化と適用範囲の拡張 岩村雅一 2,760
15 2016年度〜2018年度 テレコム先端技術研究支援センター 平成27年度SCAT研究費助成 超高次元における最近傍データの高速探索 岩村雅一 2,500
16 2016年度 科学技術振興機構(JST) マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」 和英文混在環境における高速・高精度な文書画像検索 岩村雅一 1,700
17 2016年12月から1年間 Amazon AWS Cloud Credits for Research N/A (related to Deep Neural Networks) 岩村雅一 USD 30,000
18 2017年度〜2019年度 日本学術振興会 科研費 基盤研究(B) 全方位カメラを用いた周辺情報認識による視覚障害者支援 岩村雅一 13,600

渡航費助成

  会議名 渡航期間 場所 論文名 / 研究課題 著者 助成団体 種別 金額(千円)
1 The 15th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2000) 2000.9.1 - 2000.9.10 Barcelona, Spain A Modification of Eigenvalues to Compensate Estimation Errors of Eigenvectors Masakazu Iwamura, Shin'ichiro Omachi, and Hirotomo Aso 電気通信普及財団 海外渡航助成 270
2 Joint IAPR International Workshops on Syntactical and Structural Pattern Recognition and Statistical Pattern Recognition (S+SSPR2002) 2002.8.6 - 2002.8.9 Windsor, Ontario, Canada A Method to Estimate the True Mahalanobis Distance from Eigenvectors of Sample Covariance Matrix Masakazu Iwamura, Shinichiro Omachi, and Hirotomo Aso 情報科学国際交流財団 研究者海外派遣 220
3 Document Recognition and Retrieval XVI 2009.1.19 - 2009.1.25 San Jose, CA, USA Layout-Free Dewarping of Planar Document Images Masakazu Iwamura, Ryo Niwa, Akira Horimatsu, Koichi Kise, Seiichi Uchida, and Shinichiro Omachi 立石科学技術振興財団 平成20年度後期 国際交流助成 200
4 2010.8.9 - 2010.10.31 DFKI, Germany 実時間情景内単語認識技術とアイトラッカーの融合による新しいユーザーインタフェースの創出 岩村 雅一 村田学術振興財団 研究者海外派遣援助 250

--> 知能メディア処理研究室ホームページ