Japanese / English

文献の詳細

論文の言語 日本語
著者 岩村 雅一, 内田 誠一, 大町 真一郎, 黄瀬 浩一
論文名 付加情報を用いるパターン認識
論文誌名 電子情報通信学会論文誌D
Vol. J90-D
No. 2
ページ pp.460-470
査読の有無
年月 2007年2月
要約 本論文では パターンが属するクラスの情報(付加情報)をパターンと同時に 識別器に入力し,パターンと付加情報から矛盾のない答えを導くことで誤認 識を防ぐ方式を検討する. この方式では付加情報の情報量が増えれば増えるほど認識率は100%に近付く. そのため,従来のパターン認識のように,いかに認識性能を向上させるかで はなく,ある認識率を達成するために必要な付加情報の情報量をいか に小さくできるかが課題となる. 本論文では付加情報の割り当て方 と認識性能の関係を導き, 実験によりデモンストレーションする.
URL http://search.ieice.org/bin/summary.php?id=j90-d_2_460&category=D&year=2007&lang=J&abst=
一覧に戻る