Japanese / English

文献の詳細

論文の言語 日本語
著者 中村浩一朗,内海ゆづ子,岩村雅一,黄瀬浩一,槇原靖,村松大吾,八木康史
論文名 歩容認証の高精度化のための人物領域の抽出手法の改良
発表番号 SBRA2017-S2-17
ページ pp.43-44
ページ数 2 pages
査読の有無
年月 2017年11月
要約 防犯カメラによる犯罪捜査への応用を 目的とした歩容認証が注目を集めている.歩容認証の手 法は,画像上の人物領域を抽出して得られる歩容シルエッ ト画像を用いる方法が現在の主流となっている.人物領 域を手動で抽出すると負担がかかるため,自動で抽出す る手法として,標準歩容モデルを用いた人物領域抽出が 提案されている.この手法では,抽出する対象となる人 物と類似する標準歩容モデルを選択し,適用することで, 歩容の認証精度が向上することが示されている.しかし, 人物領域の抽出精度の評価は限定的である.そこで,本 研究では,標準歩容モデルの適用により,人物領域の抽 出精度がどのように変化するかを調査した.また,類似 する標準歩容モデルの選択方法の改善により,人物領域 の抽出精度を更に向上させる手法を提案する.実験にお いて,提案手法を用いたときが最も高い人物領域抽出精 度を示した.
一覧に戻る